駿河湾系おたく

狭く深く。

【剣盾S3】運も実力もない小峠【最終854位】

いや小峠は運も実力もあるがなと。逆にきのどくでございます。

大変お恥ずかしい結果ながらもシリーズが変わり、レギュレーションも変わることに託けて承認欲求を満たそうという魂胆で文字を打ち込んでいる次第です。

この段階でブラウザバックをできるように白状しますと、今期は最終日の瞬間最高ですら110位と二桁に届いておりません。2/28時点での17位が最高で戻れなかった上、最終はタイトルの通り854位です。それでも見てくれる素敵な方、愛してるぜ。「コイツ当たってボコったわwww」とか「あぁ、あの勝手に負けてったやつね。」とか見下してもらえると喜びます。

 

f:id:Kinodoku0808:20200303200358j:image(見せてと言われてレンタル公開したことあるけどなんか恥ずかしいのでトリムしちゃった。)

 

【構築経緯】

マスターボール級まで上げている際、とりあえず使ってみた命の珠ドラパルトが「龍の舞」を積むことができれば対戦を終わらせることができるほどパワーのある若林だったため軸とすることに決めた。
積みの起点作りと言えば「ステルスロック」+「欠伸」だろうと考え、カバルドンを採用。
カバルドン単体では不安があったこと、受け回しを相手に「身代わり」+「バトンタッチ」で安全にドラパルトを出せることからニンフィアも続けて採用。
そしてもう完全にドラパルトの「龍の舞」展開に寄せてやろうという思考で「欠伸」カビゴンを採用。
物理受けを合わされてしまうとドラパルトの展開速度が追い付かないため、流しと削りのできる「呪い」+「痛み分け」ミミッキュ
最後に初手に出てくるラムの実を持ったアタッカーに対して展開を作ることができる壁貼りインテレオンを採用して完成とした。
が、その後流石に「欠伸」が過剰だなと感じたためカビゴンの型を変更し最後の形となった。

 

【コンセプト】

ドラパルトに「龍の舞」を積ませる。

のただ1点。

 

【個別】*上昇補正 下降補正

 

f:id:Kinodoku0808:20180904162608g:plain

カバルドン@オボンの実
実数値:215-132-154-×-123-67
技構成:地震/岩石封じ/欠伸/ステルスロック

H-B 142珠ミミッキュの+2「ダイフェアリー」確定耐え
H-D 189トゲキッスの「ダイジェット」or「ダイフェアリー」確定2耐え

 「ステルスロック」ができるポケモンから、ドリュウズへの性能を評価して採用されたカバルドン
耐え調整だけなら少しだけ(数値2,3分)BDに余裕があるが、SやAに回すより耐久を伸ばした方が間違いなく恩恵が大きい。例としてトゲキッスの珠「ダイソウゲン」の乱数が動くなど。
採用理由の「ステルスロック」+「欠伸」に安定打点でドリュウズやパッチラゴン、ドヒドイデへの削りになる「地震」、そして最後の枠には飛行エース(主にギャラドストゲキッス)の後出しに刺せる「岩石封じ」を採用。こちらのエースの打力的に一度「岩石封じ」を当ててしまえば縛れることが多く、とても有用だった。
最強ではなかったが弱くはなかった。春日。

 

f:id:Kinodoku0808:20200202142549g:plain

ドラパルト@命の珠 クリアボディ
実数値:189-189-95-×-95-169
技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/鋼の翼/龍の舞

H 10n-1
A 特化
S 最速100族抜き抜き

 舞って全員倒す。
メインウェポンでつよい「ドラゴンアロー」と「ゴーストダイブ」、御膳立てを受けて積む「龍の舞」、ミミッキュに勝つための「鋼の翼」と至ってシンプル。
構築の大半が春日であるため選出率は100%。実力の若林である。

 

 f:id:Kinodoku0808:20181106155829g:plain

カビゴン@フィラの実 食いしん坊
実数値:261-134-128-×-133-51
技構成:空元気/DDラリアット/鈍い/リサイクル

H-B-D H3nかつH=B+D
A +2キョダイサイセイでサザンドラ87.5%一発(目安)

 デブ。最初はこのポケモンでも「欠伸」していたが、どうにも上手くいってない感覚があったので勝ち筋とできるよう「鈍い」+「リサイクル」型に変更した。
ウェポンには「鬼火」耐性のつく「空元気」と、火傷させてゴーストタイプ引きに対応しやすいかつ、ミラーに強くなる「DDラリアット」を採用。
強かったが鋼技が欲しい場面が多かったこと、そもそも型変更が適切でなかったことにシーズンが終わってから気が付いた。コイツは一人でオードリー。

 

 f:id:Kinodoku0808:20200102022320g:plain

ミミッキュ@マゴの実
実数値:133-111-112-×-143-162
技構成:影打ち/身代わり/呪い/痛み分け

H-D ヌオーの熱湯を身代わりが最高乱数切り耐え

 病気。努力値の振り方も技も不気味なポケモン
流しと削りを意識しての採用だったため「呪い」+「身代わり」+「痛み分け」から決め、最後の一枠には「影打ち」を採用。これはどうしても相手のミミッキュの皮を破りたいが3、いざという時先制技は便利が5、攻撃する気ないし影でヨシ!が2。
相手のシャワーズの「身代わり」を割るのに3ターンかかったり、相手のミミッキュの残り4割程度のHPを削り切れなかったりとなかなかウケた。が、活きて勝った対戦も結構あるので余裕で選択肢だと思う。春日。

 

 f:id:Kinodoku0808:20200303195805g:plain

ニンフィア@リリバの実
実数値:201-×-110-130-165-89
技構成:ハイパーボイス/欠伸/身代わり/バトンタッチ

H-B 189ドラパルトの「ダイホロウ」+「身代わり」耐え
H-D 172ロトムの「ボルトチェンジ」を「身代わり」が最高乱数切り耐え

 なんかいろいろケアするための枠。鋼タイプとかち合ってしまった際に一度突っ張れると大きいなと思ったためリリバの実を持たせた。
技構成は特にいうことがなく、メインウェポンの「ハイパーボイス」、カバルドンの「ステルスロック」と合わせて使ったり、不利対面を取らなくしたりするための「欠伸」、低火力ポケモンの前で置いて繋ぐ「身代わり」+「バトンタッチ」。
多分一番強い春日だった。

 

 f:id:Kinodoku0808:20200303195743g:plain

インテレオン@光の粘土
実数値:177-×-87-146-92-180
技構成:熱湯/凍える風/リフレクター/光の壁

H-B 192ヒヒダルマの「馬鹿力」確定耐え
H-D 189トゲキッスの「ダイジェット」最高乱数切り耐え
S 4振り臆病ドラパルト抜き

 書いてあることはやたらそれっぽいポケモン
ラムの実を持ったポケモンに「欠伸」展開を阻止されつづけ、じゃあ壁貼ったるわと思い採用。インテレオンである理由はラムアタッカーと同居しがちなカバルドンに圧力をかけられるから。
メインであり追加効果がすごい「熱湯」、「ダイジェット」で起点にされるのを防ぐ「凍える風」に残りは「リフレクター」と「光の壁」。
このポケモンの「熱湯」が通ってる対戦が一番楽で、なんならエースになれる性能のポケモンだった。しかし残念ながらこの春日は壁貼り。

 

 

以上です。一番勝てた選出は「2春日1若林」です。中途半端にカビゴンを勝ち筋にしてしまったこともあり、最終日は選出が59点の単位不可みたいな状況になりまくって頭を抱えていました。あとドラパルトに頼り切っていること、もう一枚の勝ち筋もカビゴンであることからやはりまたアーマーガアにボコボコにされてしまいましたね。


次は「それっぽいだけ」のパーティにならないようにしたいです。んじゃ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活したくね~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!