駿河湾系おたく

狭く深く。

【剣盾S4】Deep Resonance【最終69位】

就活もせずに何をしているんだと。いやポケモンだがと。キモヲタです。

今期は最終日に2romとも1桁に付けることができ、久々に緊張感のある最終日を過ごせたことにある程度満足しております。最後散ったのは死ぬほど悔しいけど。
それぞれ最高は深夜1~2時付近で3位と4位だったのですが、想像以上に順位が動いて驚きましたね。そして最後は潜って力尽きました。しゃあない。

今回の構築も僕の抱える病気がしっかりと滲み出たものになってます。”偉さ”という自己満足を追い求めて出来上がったもので、今回は割と見てもらいたい”構築”になったかなと思います。

 

f:id:Kinodoku0808:20200401195937j:image

 

【構築経緯】

スマホのメモに「特殊を軸に据える」という3シーズンもの間アーマーガアに詰まされ続けてきた男の決意があったため、今シリーズより解禁され前評判の高かったキョダイラプラスを軸に置いてみることにした。
そして回す中で、ラプラスの魅力を「ダイストリーム」や「キョダイセンリツ」で殴り合いを制しつつ数的有利を取り、相手のラスト1匹に「滅びの歌」を決めるわかりやすく強力な流れに見出し、構築をその流れに寄せることに決定。
流れ通り進めるために必要だと感じたのが対面操作の要素だった為、ラプラスの役割対象を引き出しつつスムーズに繰り出していける「蜻蛉返り」ドラパルトを採用。
ドラパルトの初手性能が高く、気軽に初手投げしたかったため汎用クッションとしてカビゴンも続けて採用。「欠伸」を持つことで対面操作も可能になる。
また気持ちよく殴れる状況として、単純に上を取るということも大切だと感じたため、「岩石封じ」から展開できるバンギラスを採用。
上記4匹は最初から最後まで固定されており、残りの2枠はアーマーガア,ドリュウズ,ヒートロトム,ニダンギルと迷走を経て最後は炎打点を持て器用で理不尽な性能を持つトゲキッスと、選出の幅が出やすいミミッキュに落ち着いた。

 

【コンセプト】

高速蜻蛉+クッション+ダイマックスで対応範囲を広く持つ
ラプラスによる先行逃げ切り

の2点。

 

【個別】*上昇補正 下降補正

 f:id:Kinodoku0808:20200102022444g:plain

バンギラス@気合の襷
実数値:185-173-134-x-121-124
技構成:岩石封じ/馬鹿力/ステルスロック/挑発

・H-B 142ミミッキュの命の珠「じゃれつく」+「影打ち」2連最高乱数切り

 

S1の くろもち さんの記事よりバンギラスをほぼ丸パクりさせて頂いた。
多くの場合初手に投げ、場を整える展開要因。
いくら高い数値といえど4倍弱点を持つこともあり、確実に行動回数を稼ぐ気合の襷。
S操作として優秀なタイプ一致技「岩石封じ」
ヒヒダルマ等を迅速に処理でき、カビゴンにも大きな打点となる「馬鹿力」
構築内の少し控えめな火力を補う「ステルスロック
相手の搦手を止める「挑発」
で技構成は完結していると感じる。
砂起こしと「ステルスロック」による削り要因として、ドラパルトの「蜻蛉返り」から相手の「叩き落とす」に対する引き先として、襷を盾にしたストッパーとしてと痒いところに手を届かせてくれる存在だった。

 

 f:id:Kinodoku0808:20200401195235g:plain

ラプラス@命の珠 潤いボディ
実数値:209-x-100-150-115-109
技構成:泡沫のアリア/フリーズドライ/10万ボルト/滅びの歌

・S-1最速ミミッキュ抜き余りHで10n-1(ほぼCS)


軸に据えた特殊アタッカー。高い数値とダイマックス技のバフで相手の頭数を減らす。
「ダイストリーム」+雨下「ダイストリーム」でカビゴンを都合よく落としたり、「キョダイセンリツ」でナットレイを2発にまとめたりできる命の珠。
ダイマックスを切ることが多いため、特性は恩恵を受けやすい潤いボディとした。
命中安定且つ音技なのも結構便利な「泡沫のアリア」
処理速度を速めたい水地面勢や重めのWロトムに刺さる「フリーズドライ
ミラーで打点になりアーマーガア等にも撃てる「10万ボルト」
勝ち確定を作りやすく「ダイウォール」の種にもなる「滅びの歌」
で構成されており、自分は最後までこれが一番強いと信じて疑わなかった。
でも多分努力値振りは普通にCS振り切りで良い。 

 

 f:id:Kinodoku0808:20200401195309g:plain

トゲキッス@拘り眼鏡 天の恵み *真面目個体に臆病ミント使用
実数値:161-x-115-172-135-145
技構成:マジカルシャイン/エアスラッシュ/火炎放射/トリック

・CS振り切り


器用なダイジェッター。一貫が取りやすそうだったりエアスラッシュが一番勝てそうだったり、総じてラプラスじゃねえなという時に出していく。
瞬間で火力を出すことができ、「トリック」と合わせて相手の機能停止も狙える拘り眼鏡持ち。ぶっちゃけるとスカーフの枠が空いてなかったので眼鏡にしたが、ダイマックスが終わった次ターンから火力のある技を撃てるのは強い。
タイプ一致技「マジカルシャイン
やばい技「エアスラッシュ
対鋼の技「火炎放射」
不発が無く便利な技「トリック」
と構成は特に語ることがない。
ダイマックス時でも恐ろしい性能だが、それを活かすにはダイマックスのタイミングを計るのが大切だなあと感じた。自分は下手クソだった。

 

 f:id:Kinodoku0808:20200202142549g:plain

ドラパルト@拘りスカーフ すり抜け
実数値:175-187-100-x-96-180
技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/蜻蛉返り/呪い

・H バンギラスがいることもあり定数ダメージ意識
・H-B 156ミミッキュの珠「ダイフェアリー」乱数2つ切り(ダイマックス)
・H-D 150ラプラスの珠「キョダイセンリツ(絶対零度)」乱数2つ切り(ダイマックス)
・S メジャーな「鬼火」ドラパルトを抜ける程度


めっちゃ速いし出て帰ってくるのもめっちゃ早い。とりあえず初手に投げて様子を見る。
ミラーの処理ルートにしやすく、万物の上から行動できる拘りスカーフ。優秀なクッションを裏に置いているのでとにかく上から「蜻蛉返り」を選択したかった。
ラプラスや「鬼火」+「身代わり」ドラパルト等の流行に即負けしないために特性はすり抜けで採用した。
タイプ一致で優秀な汎用打点の「ドラゴンアロー」
こちらもタイプ一致でターン稼ぎにも使える「ゴーストダイブ
対戦序盤やなかなか技が一貫しない時にとりあえず選択できる「蜻蛉返り」
「ダイウォール」の種になり何かと優秀な「呪い」
となっており、ダイマックス適正もかなり高い。「呪い」は相手の「鈍い」カビゴンへ切り返す動きが取りやすい上、自身がダイマックスして暴れた後ラスト1匹に対して撃ちスムーズに退場しながら裏のカビゴンミミッキュで時間を稼ぐことができるのも良かった。何度もこの技で拾って「呪い」信者に拍車がかかった気がする。

 

 f:id:Kinodoku0808:20200102022320g:plain

ミミッキュ@呪いのお札
実数値:131-142-100-x-125-162
技構成:ゴーストダイブ/ドレインパンチ/影打ち/剣の舞

・AS振り切り

無難な奴。汎用性が高すぎてドラパルト+カビゴン@1の選出に入ることがラプラスの次に多かった。
「影打ち」の威力が欲しかったため持ち物は呪いのお札。命の珠は体力の消耗が激しく相手にとって処理しやすくなってしまうと判断。したわけではなく普通に余ってなかった。
ターンが稼げて威力が高い「ゴーストダイブ
カビゴンナットレイに撃ちやすく命中安定の「ドレインパンチ
便利な「影打ち」
一気に対戦を持っていく「剣の舞」
で、今回も「じゃれつく」の採用に失敗した。まじで撃ちたくない。
しかし今シーズンは明確に「ダイフェアリー」を撃ちたい場面が多く、流石に撃ちたくないとか言ってる場合じゃなかった気もする。
速くすることで、ラプラスが「滅びの歌」を決めて勝ち確定の状況を増やすことができたのが一番良かった。

 

 f:id:Kinodoku0808:20181106155829g:plain

カビゴン@食べ残し 厚い脂肪
実数値:263-130-128-x-135-50
技構成:ヘビーボンバー/ヒートスタンプ/欠伸/守る

・H-B-D 効率意識

マジで一生死なない。優秀なクッションとしてドラパルトの裏にはほとんど確定で選出する。
スカーフドラパルトと合わせることで相手のヒヒダルマへの対応力が非常に高いので厚い脂肪+食べ残し。技とも噛み合いが良い。
ミミッキュにある程度強めの駒として繰り出しに行ける「ヘビーボンバー」
ドラパルトと合わせて初手の襷ドリュウズギルガルドを処理する「ヒートスタンプ」
起点作成ができ自身が回復する余裕を作ることもできる「欠伸」
様子見や詰めで優秀な「守る」
の構成は、今回の構築に非常に合っておりとにかく強かった。
ダイマックスを切っていくことも強い立ち回りのひとつになれるのが他のクッションに比べて突出している部分だと感じる。ギルガルドの2段階上昇「インファイト」を受けたところからスタートして後ろのドラパミミまで倒しきった時の姿は完全にパシフィスタだった。

 

 

以上個体紹介でした。
選出パターンは

ドラパルト+カビゴン@1
バンギラスラプラス@1

がほとんど。障壁なくドラパカビラプラスで出せた対戦は楽に立ち回れた印象が強いです。
最終日の最後に集中力が切れたのか選出が狂い始め、己の力不足を痛感しました。
命中不安技が「岩石封じ」「エアスラッシュ」の2つしかないため、こちらに起因する運負けはほぼなかったのがやはり自分の中で一番楽しくポケモンできた理由だなと感じます。少なくともシングルバトルをやっていく上でこのスタンスは崩したくないなと思いました。
今シーズンでバチッと結果出して休憩するシーズン作りたいと思って結構頑張ったんですけど、結局沈んだし間違いなくやめることもできないのでまたランクマッチでお会いしましょう。

 

tn:D-loving 最終69位
tn:りかこちゃん 最終148位