peAR.

梨の礫。

【S11】Jokerマンダガルド【最終2152】

こんにちは、きのどくです。1つ目の記事だしシンプルな挨拶。

諸事情あって前ブログをこの世からデリートしてしまったのですが、今回自身初の最終1ページを記録できてちょー嬉しかったのでまた開設してしまいました。

1発目から1年半かかっちゃったね。

 

以下使用構築解説。

f:id:Kinodoku0808:20180904152918p:plain

【構築経緯】

今シーズンはずっとベーシックなカバマンダやカバリザで潜っていたが、最終日にしてテッカグヤ絡みやドヒドイデ入りにレートを献上しまくり1800半ばまで真っ逆さまに落ちてしまった為、それぞれの役割対象がガラッと変わる構成に変更し周りを埋めていった。

まずはボーマンダを特殊にすることでバナカグヤ方面への立ち回りを確保。生じた物理積みの穴を埋めるべくギルガルド剣舞ハガネZに。

ボーマンダのHP,火力指数がどちらも下がったこと、展開の必要が薄れたことからカバルドンゴツゴツメットの物理受けとして採用。

ドヒドイデが面倒だった為ゲッコウガに神通力。

残りの2枠に初手性能があり電気を吸える霊獣ボルトロスキノガッサギャラドスに対する抵抗力を持たせるカプ・レヒレを採用し完成とした。

 

【コンセプト】

こちらだけが把握した相性関係から安全且つ確実にアドバンテージを取り、そのまま押し切る。

足の速いボーマンダゲッコウガ、火力の高いギルガルドの影討ち圏内に相手を削ってスイープ。

 

【個別】※並び順

 

f:id:Kinodoku0808:20180904162608g:plain

カバルドンゴツゴツメット

性格:腕白

実数値:215-132-187-x-93-67 (252-0-252-0-4-0)

技構成:地震/氷の牙/欠伸/怠ける

・HB特化

 今回は物理受けとして採用した回復できるカバルドン

数値を落とすと役割が怪しくなるのでHB特化。アーゴヨン等のポケモンは数が少ない且つ、カプ・レヒレミストフィールドもあり何とかなると判断。

削りとしてタイプ一致の「地震」、浮いてるポケモンに撃つ「氷の牙」。起点回避兼起点作成の「欠伸」に舐めた相手を詰ませる「怠ける」。

ガルーラがメガ猫騙しを撃ってきたときはついつい高笑いをしてしまった。

 

f:id:Kinodoku0808:20180904164331g:plain

ボーマンダボーマンダナイト

性格:臆病

実数値:177-x-100-156-100-167 (52-0-0-204-0-252)

メガ後 177-x-150-166-110-189

技構成:ハイパーボイス/火炎放射/身代わり/羽休め

・無振りテッカグヤの-1ヘビーボンバーを身代わりが最高乱数切り耐え

事の発端「テッカグヤホンマ腹立つわ。火ィ吹いたろ。」

メインウェポンの「ハイパーボイス」、命中安定で鋼に撃てる「火炎放射」をまず確定。後の2枠には序盤の様子見や終盤の詰めに使える「身代わり」、威嚇と耐性、数値を活かしサイクルを回す際に重宝する「羽休め」とした。

みがはねがあることで序盤から見せても型を悟られなかったり、単純に数値を実感できたりとボーマンダとしての性能を引き出すことができたと感じる。

身代わりを見て嬉しそ~に出てくる鋼タイプに放射を撃つのがたまらない。

 

f:id:Kinodoku0808:20180904170811g:plain

ギルガルド@ハガネZ

性格:意地っ張り

実数値:161-112-171-x-172-85 (204-252-4-0-12-36) 

技構成:アイアンヘッド/影討ち/剣の舞/キングシールド

・A特化

・少しはやい

・DL調整

瞑想レヒレをボコボコに殴るポケモン

Zの種であり安定のメインウェポン「アイアンヘッド」、掃除役を担うことができ対面性能も上がる「影討ち」。崩し,スイープ性能を引き上げる「剣の舞」に役割をすぐには終わらせない「キングシールド」。

残飯個体の流用な為HP161だが、数値を2個Sに回すと16n-1になって4振りブラッキーまで抜ける。そっちの方が綺麗。

 

f:id:Kinodoku0808:20180904172325g:plain

ボルトロス@マゴの実

性格:穏やか

実数値:184-x-100-166-132-126 (236-0-76-4-156-36)

技構成:ボルトチェンジ/叩き落とす/目覚めるパワー(氷)/挑発

・珠ゲッコウガの冷凍ビームを最高乱数切り耐え

・最速テッカグヤ抜き抜き

・余りB(143ミミッキュミミッキュZ確定耐え付近)

初手に出して相手の展開を阻害しつつ、ボルトチェンジからこちらの対戦を展開する。

クッションにもなるが過信できる耐久はないため注意が必要。

耐えて下から、また上から後続へ繋いで受けるための「ボルトチェンジ」、地面への打点として汎用性の高い「目覚めるパワー(氷)」、相手にやりたいことをさせない「挑発」までは考えた時点で確定。

@1の枠は候補があまりにも多いが、今回は様々なポケモンの木の実や輝石、食べ残し等を落とすことができる「叩き落とす」を採用。

スカーフを落として一貫を作らせなかったり、回復ソースを奪って詰ませたりと想像以上に有用だった。なんかめっちゃつよかった。

 

f:id:Kinodoku0808:20180904174710g:plain

カプ・レヒレ@ウイの実

性格:図太い

実数値:177-x-150-116-151-135 (252-0-12-4-4-236)

技構成:ムーンフォース/熱湯/挑発/リフレクター

・最速70族(キノガッサ)抜き

・DL調整

最後に放り込んだ枠。主にギャラドスに出す。

一致で範囲の広い「ムーンフォース」、浮いてるポケモンや後出しカプに火傷を入れられる可能性のある「熱湯」。展開阻害の「挑発」に、あまり振ってない分の耐久を補い後続の負担も軽減する「リフレクター」。

ミストフィールド広げるのが主な役割だったが、ある程度Sを伸ばすことでリフ挑発による後続のサポートがしやすくなり対戦の幅を広げることができた。

ギャラドスが一心不乱に滝登りを撃ってきたときは腹と頭を抱えていた。

 

f:id:Kinodoku0808:20180904180214g:plain

ゲッコウガ@命の珠 ※変幻自在

性格:臆病

実数値:147-x-87-155-92-191 (0-0-0-252-4-252)

技構成:冷凍ビーム/草結び/悪の波動/神通力

・CS振り切り

ゲッコウガ。何かに後出ししてきたヒトデにそのまま倒れていただく為に採用。

Sラインを活かし氷もある「冷凍ビーム」、命の珠を持つことでD振りカバルドンもほぼ撃ち漏らすことがない「草結び」。メタグロスに撃てて等倍範囲が広く、怯みも狙える「悪の波動」。ドヒドイデを泣かせる「神通力」、ウツロイド等にも撃った。

ドヒドイデを役割に定めてエスパーZでない理由は、前述の草結びの利点とギルガルドとの同時選出を躊躇わないため。

怯みも引いたし強かった。

 

きつい:ウルガモス(むり) ラキドヒド(無限に運が良くないとダメ)

 

以上で解説は終わりです。もし質問等あったらTwitter@Kinodoku_Pokeまで。

2ROM2000から最終日にどっちも1800になった時は世界が終わった気分でしたがあの時諦めなかった自分、鼓舞してくれた周りの方々、Aqoursの皆さん、応えてくれたポケモン達、全てに感謝です。

来シーズン以降も満足して終われるよう頑張りたいですね、レーティングバトルでお会いしましょう。

 

TN:Daydreamer 

124勝 68敗 最高最終2152 最終9位